海、海、海で水遊び

こんにちは、院長の佐名です。

35℃越えの気温を連発している今日この頃、内の軒に吊してある温度計が日陰で40℃になっているのを見てげんなりしちゃいます。

どうにか涼を求めようと色々と思案した結果・・・そういえば今年はまだ一回も海に行ってないと思い至りました。

しかし、今年の夏は主立った海水浴場がほぼ閉鎖されているので海で遊べる所がないものか・・・

とりあえず、近所の浜に行ってみることに

見渡す限り海!海!海!

大きくない浜ですが、人が4組くらいしかいない上、家族同士の距離が15m以上は空いてるような状態です。

早速空きスペースに日よけをしてシートを敷いて荷物を置きました。

ちびっこ達は早速砂遊びに、水浴び開始です。

砂遊びの道具を抱えて地面に並べて行くちびっこ1号

とりあえず先ず山を作ろうとちびっ子達が手分けして、砂を集め始めました。

最近公園や市の支援センターなどの砂場で遊べなかったので、これだけの砂を目の前にしてテンション上がるちびっ子達、今日は好きなだけ砂いじりをして良いんだよ~

その内飽きてきて、年上組のみ山を継続建築して、年下組は海の中に入り始めました。

始めはおっかなビックリだったのが、、海水温も暖められていて気持ちの良い温度だったので、ご満悦の表情😄

引率で手を引いてたのが振り切ってちびっこ3才以下同士で海の散歩をし始める余裕ぶり。

思った以上にちびっこ2号は海に浸かるのが気に入ったようです。

そうこうしているうちに、ちびっこ1号達年上組が山&トンネルを完成させたよう!!

こういうのを見ると、時代が変わっても、この年代のちびっ子達にとってはすごく楽しい物なんだなあと、なんだかニンマリしていまいます。

建築物の完成させて、年上組が波打ち際で追いかけっこや水遊びを始めました。

代わりに年下組はキレイな貝殻を集め始めました。手に持ってお互いの貝を見せ合いっこしています😊

この日はちびっ子達の様子を見ながらゆったり過ごせました、15時くらいに来たのに2時間以上あっという間に過ぎちゃいました。

コロナの影響で今年は遠出もなく、お盆休みもお家だっただけに、この海遊びがちびっ子達の楽しい思い出になってくれるとうれしいですね。