ちびっ子達と初めてのたこパー

こんにちは、院長の佐名です。

家で過ごすことが多い今日この頃、何か楽しめないかと、押し入れでしばらく使っていなかった鉄板プレートとその付属品であるたこ焼きプレートを出してきて、たこパーをやることになりました。

では、まず生地作りからです。ちびっこ1号から早速泡立て器を持ってぐりぐりと回して混ぜていきます。

なにをやっているのか、興味津々に見るちびっこ2号

その内、自分もやりたいと「代わって、代わって!」と言いながらちびっこ1号の周りでぐるぐると移動しておねだりを始めました。

自分の番になってダイナミックにグルングルン!!生地が飛び散りそう!!

十分混ぜ合わせたところで、鉄板を用意していきます。

ちびっこ1号が「やるやる」と生地を取ろうとしてますが、最初は油が跳ねやすいので大人がやって、途中から生地を流すことで納得して貰いました。

見たことない光景に興味が出たのか食い入るように見ているちびっこ達。

ようやくちびっこ1号の出番、生地をダイナミックに流して溢れさせていきます。

ひとまず流し終わったので、具材を入れていきますが、まずはお手本を見せていきます。

ちびっこ1号はすぐにやりはじめましたが、ちびっこ2号もそれを見てまねをするように具材をパラパラと

ひな祭りのあられが少し残ってたので、たこ焼きに入れていったのですが、途中でちびっこ2号が普通に食べ始めたのはいつもの光景ですね・・・

ジュウジュウ、ブツブツといってるのが気になるのか、二人ともほぼ無言でジッと見ています。

ここからはひっくり返していきますが、ちびっ子達には難しいので大人が一度ひっくり返したものを焼き具合を見ながら再度ひっくり返して貰います。

ちなみにちびっこ2号はこの時、後ろの方で謎の踊りのレッスン中で席を外していました・・・

不器用ながらも、くるくるとちびっこ1号がたこ焼きを回していきます。

時間と共に形がよく知るキレイな丸い形に整ってきました、もう少し、「頑張れお兄ちゃん!」

鉄板の熱気に「あちち」と言いながら最後までやり遂げたちびっこ1号、「できたっ」と満足そうな顔をしています。

その声に反応してちびっこ2号が走ってきました、踊りのレッスンは終わってお腹が空いたから食べるのは任せてと言いたげに、ドカッと着席しました。

またダイナミックに鰹節をかけちゃったねえこれは😊

鰹節がはみ出してるけど😓みんなで作ったたこ焼きの味はどうかな?

では「イタダキマ~ス」