小さな花火大会

こんにちは、院長の佐名です。

梅雨前線が長い期間日本付近に停滞しています。例年にない異常事態だそうで、日本各地で大雨になり、洪水などの被害がでています。

長々と曇りや小雨程度の雨など、自分が小さいころも、梅雨といえばそんなイメージでしたが、最近は一度に降る雨の量が尋常ではないため、予想できないような被害がおきています。被災された地域の通常の生活への復旧が捗る願っております。

さて、そんな梅雨の最中、たまたまちびっ子達のお泊まり会の日の夜に雨が上がったので花火をやることに

ちびっこ達4人で早速手持ち花火をスタートです。

1つの花火に火を付けて、順番に火を回していきます。

一番年長の小3の姪からスタートで、年齢順に行きますが、最後の最後でまさかのちびっこ2号が拒否!!

手持ちの花火は初体験のため、音と光に完全に腰が引けてしまいました・・・

正にコアラ状態で、しがみついて全く離れてくれません・・・

地面が濡れているため、花火を置いておいて消えたら自分でできないので、花火が消えたら新しいものを手渡ししようと思っていたのに、ほぼ動けなくなってしまいました。

花火が始まる前まで、「花火~!!」と大きな声で楽しみそうにしていたのに、良く解らずとりあえず周りに合わせていたのかな?

結局目の前で線香花火のようなものをやってあげても、顔すらあげない始末・・・

近すぎて怖いようです。お兄ちゃん達が気を遣って「花火キレイだよ」と、ある程度近くで見えるようにやってくれましたが

やっぱり駄目なようです・・・そのうち煙が・・・

場所が悪かったのか、どんどんこちらに来てしまいちびっこ2号「家に入りたい」と言うようになってしまいました。

手持ちも花火もなくなったので、最後に吹き上げ花火をやって終了です。

風向きが少し変わってしまい、またもや、煙まみれに😖・・・

今度こそ風上に移動して

同じ吹き上げでもこちらはパチパチと吹き上げた先で爆ぜて、夜の空間にキレイな花を咲かせてくれました。

慣れてくればちびっこ2号も花火を楽しめると思うので、また懲りずにこの夏もう一度は花火を行いたいと思う、そんな日でした😊