ドッグベストセメント

洲本市でドッグベストセメント治療

洲本市の歯科医院 さなデンタルクリニックでは、虫歯治療の際に歯をできるだけ削らず、歯を残す「ドッグベストセメント治療」を行っています。

ドッグベストセメント治療とは

従来の虫歯治療では、虫歯になった部分を大きく削り、プラスチックの詰め物や金属の詰め物をいれるのが普通でした。
この方法は虫歯をすべて取り切るので、虫歯が神経近くまで深く進んでいた場合、神経を取らないといけないことも多々ありました。

神経を残せるか残せないかによって、歯の寿命は大きく変わってきます。神経をとってしまった歯は、どうしても歯の寿命が短くなり、数年〜10数年後に歯の根が折れたり、再治療が必要になったりすることも少なくありません。

そこで、近年深い虫歯であっても神経を残せるように、海外で虫歯を完全に削るのではなく、虫歯菌を殺菌することで歯を削らずに神経を残す治療が生まれました。それがドッグベストセメント治療です。

ドッグベストセメントを虫歯の深い部分に詰めることによって、虫歯に感染した部分がドッグベストセメントの薬効によって永続的に殺菌され、歯の自己回復力で再石灰化し、硬い象牙質になります。

ドッグベストセメント治療により、深い虫歯であっても神経を残せるようになってきました。

ドッグベストセメント治療のメリット

ドッグベストセメント治療のメリットには以下のようなものがあります。

  •  深い虫歯でも神経を残せる場合がある
  •  麻酔の必要がない
  •  歯の寿命を長くする
  •  必要以上の歯を削らなくてすむ
  •  ほとんど痛くない
  •  子どもの歯にも適用できる

デメリットとしては、保険適応ではないため自己負担になります。適応症例が限られます。
3ヶ月の定期観察が必要です。
また、ドッグベストセメントの色が茶色のため、歯に詰めた際にやや茶色が透ける場合があります。
日本の薬事未承認のセメントです。
アメリカのADA(アメリカ歯科医師会)において安全な薬剤として許可を受け、アメリカでは一般的に用いられている製品です。

ドッグベストセメント治療の流れ

  • 虫歯の部分を軽く取り除くため、必要最低限のみ歯を削ります。

  • 洗浄、歯面処理を行います。

  • ドッグベストセメントを詰めます。

神経近くまで虫歯が深い場合は、仮の詰め物をして経過をみます。
予防的な処置や、即日完了できる場合は、最終的な詰め物を行います。

ドッグベストセメントの費用

ドッグベストセメント塗布 1歯5,000円

詰め物修復(種類による)
(自費診療)

痛くなる前に気軽にお越しください。
ネット予約受付中
只今、大変多くの方から、インターネット、お電話のご予約をいただいております。

虫歯やドッグベストセメント治療の相談がある方は、 お早めにご都合の良い日時をご予約くださいませ。

さなデンタルクリニックの願いである 「悪くなる・痛くなる前に気軽に行ける歯科医院」としてご期待いただいていることを非常に嬉しく思っています。